新着情報​

​おいしいお茶ができるまで

お茶づくりへのあゆみ

昭和30年ごろより始めて、創業60周年を迎えました。


 犬山市はもともと養蚕業や桃の栽培など農業が盛んな土地でありましたが、お茶に関しては全く生産されておりませんでした。


 その割には民家などの生垣や庭にはお茶の木が多く、「自宅の庭のお茶の木でお茶は作れないものか?」と思ったことがきっかけで初代の日比野博文はお茶の道を歩み始めたのです。


 2代目の現代の園主の日比野清正は、高校卒業後、京都府宇治市の生産者のもとに住み込みで修行を行ない、茶づくりを学んだのちに、家業を継ぎ、現在の日比野製茶の直売モデルを確立しました。​

減農薬でのお茶づくり

  中山間地である犬山の土壌は赤土が多く、昼夜の適度な温度差もあることから茶葉に風味を与え、犬山茶の特徴であるまろやかで豊かな香りを生み出しています。  

 

敷き藁や籾殻などの資材で土の状態を整え、肥料は有機肥料をベースとし、消毒は使用回数を限界まで減らす減農薬農法でお茶を栽培しています。

 

お客様が安心して美味しいお茶を飲んでいただけるように、安全面や環境に考慮してお茶づくりを行なっています。

職人の手が生む犬山茶の味

 近代化に伴い、機械化が進み製茶のラインもオートメーションのところが増えてきました。

 

 しかし、どれだけ機械化が進んでも、最終的にお茶の良し悪しをきめるのは人の手。

 

 その日の気温や茶温、茶葉の状態に合わせて蒸し具合、風量、絶妙な火入れ加減を調整。茶葉に触れ、見て、五感全て使うことで美味しいお茶づくりは日々行われているのです。

SNS

〒484-0003

愛知県犬山市善師野中屋敷15

TEL :0568-61-4189

FAX :052-308-1668

MAIL:inuyamatea@mb.ccnw.ne.jp

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon

Copyright 日比野製茶 all Rights Rserved

IMGP8656